ラン学-マラソンブログ-

ワンステップ上のマラソンランナーになるための練習方法や栄養学、食事を紹介!

*

手軽に疲労回復できるツボ3選

   

wellness-589770_640
基本的に現代の医学というか健康の知恵というものは西洋医学的。

要するに科学的で具体的なんですね。

その逆を行くのが東洋医学的な技術。
栄養素を何グラム摂ると身体に好影響みたいな具体的事柄でなく、タイトルにも書いたツボや気など眼には見えないし数値にもしづらい要素。

これらは現代において雑に扱われがちです。
しかし昔からある技術というものは科学や論理だけで証明できない、理解の外にある可能性も否めないと思っています。

つまりたまにはツボとかそっち方面の技術も試してみてはと。
特にツボ押しって何か特別な道具がなくても出来る手軽さがありますから。

※ツボ押しのコツは3~5秒押したり揉んだりして、間を置いてまた3~5秒押したり揉んだりと繰り返す。

スポンサーリンク

疲労回復のツボ3選

1.労宮(ろうきゅう)

写真 2015-08-13 22 56 32
一応写真でツボの位置にシール的なものを貼ってます。
言葉で説明すると握りこぶしを作った時、中指の先端が当たる辺り。

その部分を中心に満遍なく揉みほぐしたり押したりすると良いです。

・効能
労宮を押すことで手の血流が良くなります。
血流が良くなると身体の緊張が解れたり、疲労回復に効果的です。

また労宮を刺激すると心の疲労をとるとも言われています。
ですのでイライラしている時やストレスで精神的苦痛を感じている時も効果的なツボです。

2.太衝(たいしょう)

写真 2015-08-13 22 58 32

足の甲に存在するツボ。
親指と人差指の延長線上にある骨が交わる部分。その辺りにあるくぼみが太衝になります。

・効能
不眠や疲れ目、心労、冷え性などに効果的。
また肝に深いつながりを持っているため二日酔いにも効果あり。

肝は東洋医学で気の流れに大きな影響を及ぼします。
そのため肝に対して効果的な太衝を押すことで上記に書いた効果以外にも調子を整えてくれたり、リフレッシュの効果もあります。

3.合谷(ごうこく)

写真 2015-08-13 23 05 27

人差し指と親指の延長線上にある骨。それが交わる部分がありますね。
そこから少し人差し指よりに移動した部分が合谷になります。

押すとジーンとした痛みがあります。(個人的には気持ちのよい痛みですけど、多分人によっては激痛かも)
それから私が押した限りではちょっとした筋肉があるように感じました。

・効能
巷じゃ最強のツボと噂みたい。(手軽さと効能の質・量から)

頭痛や花粉症、歯の痛みに肩こり、風邪、無気力、下痢などなど。大体の身体の不調に対応してるツボです。

それから合谷を押すことで擬似的な麻酔効果も得られるらしいです。
なんでも脳内からエンドルフィンが分泌され痛覚を麻痺させるんだとか。

あと、押すと身体全体が暖かくなります。
とにかく押せば疲労回復にも効果ありのツボですし、大抵の身体の不調も治してくれます。

まとめ

今回この記事を書くにあたって、知識が少なかったため実際に試しながら効果の有りそうなツボを選びました。

まず労宮ですがホッとした気がします。
いや何かすごい適当な感じしますけどほんわかします。

それに労宮のツボを押したあと押した側の手が逆側の手に比べ暖かくなりました。

これは間違いないないです。
内側の方からぽかぽかしてる感じがするんですよ。

次に太衝。
私は足がすぐ冷たくなるんですけどこのツボをグリグリ押してたら微妙に暖かくなりました。

不眠や疲れ目に効果があったかはわからないですね。
あと二日酔いも。実際にお酒を飲んだあと試してみたいものです。

最後に合谷。
今回ツボ探しをしていてMVPというか一番効果を実感出来ました。

細かい頭痛とか無気力とかその辺の効能はよくわからないですが間違いなく身体が暖かい。

身体が暖かくなるということは血流が良いということ。
血流が良ければ身体の不調も改善するし疲労回復の効果もあるはず!

何かまとめというより感想になってますね。
最後にここまでのをまとめると筆者的に3つのツボは全て身体が暖かくなる効果を実感した

つまり身体が暖かくなる→血流が良くなる→疲労回復に効果あるツボ!

そんな感じです。
皆さんもぜひ試してみてください。特に合谷はオススメです。

痛みがあって凄いツボ押してる感があるので効果ありそうな気がしますよ!

 - 疲労回復, 知識