ラン学-マラソンブログ-

ワンステップ上のマラソンランナーになるための練習方法や栄養学、食事を紹介!

*

第25回熊谷さくらマラソン大会、川内優輝の結果は?【2015】

   

SnapCrab_NoName_2015-3-22_13-12-36_No-00

本日2015年3月22日、9時12分より第25回熊谷さくらマラソンハーフマラソンの部がスタートしました。

その中にはナンバーカード80001番、ゲストランナーとして参加した川内優輝選手の姿も。

ということで気になる川内優輝選手の速報結果です。

川内優輝
何かと有名な埼玉県の公務員ランナー。
ハーフマラソンのベストタイムは1時間2分18秒
フルマラソンのベストタイムは日本歴代19位の2時間8分14秒。

熊谷さくらマラソン
埼玉県北部にある熊谷市で開催。
全国さくら名所100選に入っている熊谷桜堤(さくらつつみ)の下を走れる、ハーフマラソン、10kmの部は人気。
参加費は距離ごとに違い、ハーフ・10kmの部は3500円。(高校生は1500円)
また募集人数はハーフマラソンが3000人。10kmの部が2500円である。

http://kumagaya-marathon.jp/

スポンサーリンク

川内優輝のタイム結果

RUNNET様のランナーズアップデートで調べてみたところ、FINISHタイムは01:04:41

ちなみに川内優輝選手のハーフマラソンのベストタイムが1時間02分18秒です。

確か、1週間前の3月15日に開催された2015ソウル国際マラソンにも出場していたはずです。
そのうえで本日ハーフマラソンを走ったわけですから、疲労もあったはず。

その中での64分台は十分な結果だと思います。(本人がどう思っているかは知りませんが)

もっと言うと最近走った立川ハーフマラソンでは67分台。
その1週間後の金栗杯玉名ハーフマラソンでは66分台であったため、むしろ調子を上げてきていると言っても良さそうなぐらいです。

川内優輝の今後の予定

とんでもないことに彼は今後一週間おきにレースに出場する予定を組んでいます。

そのため、
3月29日に練馬こぶしハーフマラソン
4月5日に幸手市さくらマラソン
4月12日に本庄早稲田の杜
に出場します。

距離は上から順にハーフ、10マイル、ハーフとなっています。

まとめ

2015年開催、第25回熊谷さくらマラソンの川内優輝選手の結果は1時間4分41秒。

来週以降も毎週ハーフなど長めの距離に挑戦していく様子。

狙いはあるのでしょうが無理して身体を壊さないよう頑張って欲しいですね。

因みにこんな付け足しでやるべきお方ではないのですが、同じくゲストランナーとして参加された渋井陽子選手は10kmを走り、37分44秒だったようです。

最後にあくまで速報結果ですので多少の誤差はあるかと思います。ご了承ください。

 - マラソン, 大会情報