ラン学-マラソンブログ-

ワンステップ上のマラソンランナーになるための練習方法や栄養学、食事を紹介!

*

ポイント練習の疲労を早く回復させトレーニング効率を高めるサプリとは?

      2017/09/05

Fotolia_136530410_Subscription_Monthly_M

ポイント練習は結果を求めるなら必ず必要になってくるトレーニングです。

とはいえやり過ぎてしまえば疲労による怪我・パフォーマンス低下などの弊害もでてきます。

しかし逆にポイント練習を減らせば求めた結果から遠ざかることになりかねません。

なぜポイント練習を行うと疲労するのかに触れつつ、疲労回復をするために必要なサプリを解説していきます。

スポンサーリンク

ポイント練習はなぜいつも以上に疲労するのか?

日々のジョギングなどのトレーニングと違い、ポイント練習をした場合の疲れは凄まじいものがあります。

一体なぜあれほど疲労するのか。

厳密に言えば、ことポイント練習に限ったとしても疲労の原因を全て洗い出すことは難しいです。

例えば暑すぎや、精神的悩み、足裏にかかる衝撃により減少する赤血球などなど、疲労の原因は多岐に渡ります。

しかし、ポイント練習で発生する”主な疲労の原因”とすれば絞り込むことは可能です。

  • エネルギー源となる糖質量の低下
  • 筋肉へのダメージ

上記2点がポイント練習の主要な疲労原因になります。

例えば「もう何もしたくない…」というダルさのある疲れは糖質不足が原因であることが多いです。

また筋肉へのダメージはいわゆる筋肉痛と言った形でよく現れます。

◯ポイント練習後の疲労をもう少し詳しく

ジョギングをしても同じように糖質不足・筋肉ダメージの疲労を感じます。

しかしポイント練習のほうが使用する糖質が多く・また筋肉への負担も大きくなるためポイント練習後のほうが疲労感が大きいわけです。

どうやってポイント練習の疲労を回復させるか

Fotolia_80397407_Subscription_Monthly_M

  • 糖質不足を補う
  • 筋肉を修復する

これをやれば完全にとはいきませんが、有意に疲労の減少を体感できることでしょう。

ここからは疲労回復に使えるサプリの解説をしていきます。

糖質不足を補うサプリ

正直な所言うとこちらはサプリで無理に補う必要はないと思っています。

言ってしまえば炭水化物を豊富に含む食品を摂取すれば、糖質不足を補うことが可能ですので。

また、「胃が気持ち悪くて食べ物が食べられない」という場合も糖分の多いジュースを飲めば解決します。

ジュースは飲みやすいため過剰に摂取すると体脂肪を想像以上に増加させるリスクもありますが、ポイント練習後に使用を限れば特に問題にはならないでしょう。

そもそもジュースを勧めるのは糖質を制限するというサプリはありますが、摂取するというのは見ないので勧めようが無いというのもあります

筋肉を修復するサプリ

筋肉を主に構成するのはタンパク質です。

そのためタンパク質を摂取するようにすれば、回復を促進することが可能になります。

タンパク質の摂取で言えばプロテインが有名ですが、本気で結果を求めていくなら少し物足りないかと。

というのもタンパク質は消化器官でアミノ酸に分解される工程を経て体内に吸収されるためラグが発生してしまいます。

ですのでアミノ酸、もしくはアミノ酸が数個くっついて体内で利用される形になったペプチドが吸収が早いため理想的です。

持久系スポーツをする人の疲労回復ならカツオペプチドが最も理想的かと思います。

カツオペプチドの効果

  • 筋ダメージの軽減
  • 回復速度の向上

そもそもの筋肉疲労の軽減と、筋肉の修復速度向上。2段構えで疲労対策ができるためカツオペプチドは理想的といえるわけです。

またカツオペプチドには持久系スポーツのパフォーマンス向上も効果として存在します。

パフォーマンスが向上すればポイント練習の質も上げられるためさらにトレーニング効率を良くすることも可能です。

ポイント練習の疲労を回復させる方法まとめ

Fotolia_67376158_Subscription_Monthly_M

  • 筋肉の修復、糖質補給が疲労回復につながる
  • ジュースやパンなどで糖質を補給
  • カツオペプチドの摂取により筋肉回復速度の改善

ポイント練習後の疲労は上記にまとめたものだけではありません。

しかし、糖質不足と筋肉ダメージが主要因であることが多いため、最も疲労軽減を体感できる方法といえます。

特にカツオペプチドはそもそもの筋肉ダメージの軽減をしたり、パフォーマンスの向上を狙えたりとポイント練習との相性が非常に良いです。

結局のところ自己投資できるかどうか。ここがランナーとして成功するか失敗するかの分かれ道であることが多いですよ。

 - トレーニング