ラン学-マラソンブログ-

ワンステップ上のマラソンランナーになるための練習方法や栄養学、食事を紹介!

*

スタミナの要、ミトコンドリアを増やすことで若返りする3つの方法+1

      2015/12/14

water-880462_1280
ミトコンドリアって皆さん知っていますか?
真核生物、わかり易い言葉に変えると動物や植物、菌類、しまいにゃ原生生物(アメーバとかね)など様々な生命体の細胞内に存在しています。

身体を動かすにはエネルギーが必要なのですが、ミトコンドリアはそれの生産に密接に関係しています。

ミトコンドリアの量や質は肌の若さであったり、運動の持久力言ってしまえばスタミナ的要素に大きな影響を与えます。

つまり!
ミトコンドリアを増やすことは若返り効果や、持久力向上など良いことづくし! ってこと

スポンサーリンク

ミトコンドリアを増やす3つの方法

運動

何と言ってもこれです!
ミトコンドリアはエネルギー生産の要ですから、エネルギーを多く使う運動の最中はなおのこと働きます。

そして基本的に生体は使えば使うほど強化されますし、使わなければ使わないほど弱体化していきます。

要するに運動によってミトコンドリアをガンガン使うことは、ミトコンドリアを増やすのに非常に重要なわけです。

ここから少し具体的な話を
ミトコンドリアは運動によって量・質共に改善することができます。

そして運動の長さによって量・質の改善効果が上がります。
しかし、運動の強度によって動員される筋肉量が変化するため、強度が低すぎると量・質の改善出来る範囲が狭まります。

負荷が高ければ、速筋から遅筋まで全体的にその部位の筋肉が動きますが、
負荷が軽ければ、動員する筋肉量も少なくなりミトコンドリアの量・質を改善できる範囲は狭まります。

また運動の継続時間が長ければ、それだけミトコンドリアがエネルギーを生産する時間は伸びますからミトコンドリアの量・質を改善する効果は高くなります。

しかし強度が高ければ、時間は短くならざるを得ないし
時間を長くすれば、強度は低くならざるを得ないです。

つまり
・運動時間長い、強度低い量・質改善効果、範囲
・運動時間短い、強度高い量・質改善効果、範囲

単純な話、強く長く運動したいなら強度の高く長いトレーニングをしなくてはいけません。

最近はインターバル速歩というのが流行っているらしいです。

高い強度に、運動の継続時間も確保しやすいためミトコンドリアを増やすのに効果的ですね。

やり方は簡単。
ゆっくり歩くのと、速く歩くのを3分ごと交互に繰り返し、合計15分間やるだけ。

運動するにしても何も思いつかない方はインターバル速歩を試すのも良さそうです。

タウリン

アミノ酸の一つ。
タウリンはミトコンドリアを増やすのに必要な栄養素のため、摂取するのはミトコンドリアを増やす上で非常に重要です。

一応システインという別のアミノ酸から体内で合成されてはいます。

ちなみにシステインは肉類や魚介類、豆に穀類から結構摂取できてるぞ!

とはいえミトコンドリアを増やすためには体外から摂取するのは必須です。

タウリンは食品から摂るならイカ、タコ、牡蠣が一般的です。

ちなみにタウリンは水溶性のため茹でたりすると、溶け出しちゃうから注意だぞ!

しかし上記食品は摂取しづらいです。
一般的に通常の食事を行うと100mgから300mgくらいは摂取できているそう。

500mgが摂取量の目安です。
ただ、タウリンは過剰摂取をしても問題のない栄養素のため、ミトコンドリアを増やすなら可能な限り摂取したいところ。(摂り過ぎたら糞として体外排出)

やはりサプリメントから摂るのが効率的でしょうね。

海乳EX【定期押しバナー】

冷水を浴びる

ミトコンドリアは体温を上げる際にも使われます。

ちょっと前にも書きましたが生体は基本、動かせば動かすほど機能が向上していきます。

ですから冷水を浴びることで一時的に体温を下げ、その後肉体の機能によって体温を上げていくことでミトコンドリアを活動させ増やすことできます。

昔からある乾布摩擦なんかミトコンドリアを増やす観点から見ると効果的かもしれませんね。

体を冷やしますから体調が悪い時は避け、風を引かないよう注意しましょう。

+1! ミトコンドリアを増やすならついでに摂っておきたい栄養素

コエンザイムQ10という栄養素をご存知でしょうか。
別名だとユビキノンとかCoQ10とか呼ばれてる栄養素です。

難しい話は飛ばして単純に書くとミトコンドリアがエネルギー生産を行う工場なら、コエンザイムQ10は素材です。

エネルギーを作る際コエンザイムQ10は必要になってくるわけです。

ミトコンドリアを増やすには、ミトコンドリアを活動させる必要があり、動かすには素材となるコエンザイムQ10も不可欠です。

食品から摂取するなら肉類や魚類、豆類などが一般的です。

ですが含有量が少なく、意識的に摂るならやはりサプリメントが一番です。

参考カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10

まとめ

ミトコンドリアを増やすなら
・運動すること!
・タウリン摂ること!
・冷水浴びること!(体調によるけど)
・コエンザイムQ10摂ること!

以上になります。

ミトコンドリア増やして若返り! そんなのを狙う生活をするなら

朝 栄養ドリンクを飲み、朝食(できればその前にインターバル速歩)、コエンザイムQ10のサプリを飲む
昼 昼食、コエンザイムQ10サプリを飲む
夜 夕食(朝インターバル速歩してないならする)、コエンザイムQ10サプリを飲む

こんな感じで過ごす良いのではないでしょうか。

 - まとめ, 栄養学