ラン学-マラソンブログ-

ワンステップ上のマラソンランナーになるための練習方法や栄養学、食事を紹介!

*

30代男性フルマラソン完走までの道【高知龍馬マラソン】

      2015/03/18

CIMG0123-1
今回は男性のフルマラソン完走の体験談になります。
経験はあまりなく、フルマラソン出場を決めた三ヶ月前から練習開始。

社会人の方のため中々練習量も増やせなかったようです。
果たして本番ではどうなったのか。

photo : http://www.komei.or.jp/

スポンサーリンク

プロフィール

年齢:30代
性別:男
身長:183センチ
体重:75キロ
出場大会:高知龍馬マラソン
走行距離:42.195キロ

高知龍馬マラソン
例年2月中旬ごろに開催。参加費8,000円。定員は7,000人ほど。

高知龍馬マラソン大会の体験談

フルマラソン出場を決めたのは3ケ月前でした。
フルマラソンを走るまでに走った最高距離は、学生時代マラソン大会で走った10キロが最高です。

会社の同僚に誘われ出場する事にしましたが、さすがにぶっつけ本番では完走出来ないと思い出場を決めた3ケ月前から大体の練習メニューを決めて実行しました。

本番3ケ月前は約7キロか約14キロを週2回走る事に決め、仕事終わりは1時間で約7キロを走ることに。
休みの日も、2時間で約14キロを走りました。

本番2ケ月前は練習日を週3回に増やしました。
距離と時間は3ケ月前と変えていません。

本番1ケ月前は、一度も走ったことのない42.195キロを走れるのかとても不安になりました。
急遽「とりあえず20キロ走ってみよう」と思い1ケ月前の仕事終わりに20キロ走りましたが、足が痛くなり途中で歩いてしまいました。

ますます走れるのか不安になりましたが、足が筋肉痛で痛くなったのと仕事が多忙で1週間練習出来ませんでした。

残り2週間の時期は7キロを約1時間と14キロを約2時間の練習のみ。
残り1週間。不安がピークになり、懲りずにまた20キロ走ろうと思い仕事終わりに20キロに挑戦。
予想通りというかなんというかラスト3キロの地点から歩いてしまいました。

本番4日前。7キロを軽く走りました。
結局これが最後の練習になってしまいます。

本番までに走った最高距離は20キロで本番を迎えることに。
本番前日の夜には糖質を多めに摂ろうとバナナとスパゲッティーを食べました。

本番当日朝は、これまた糖質確保のためにオニギリとバナナとリンゴを食べて会場に行きました。
会場で色々考えましたがとりあえず完走しようと決め、挑みました。制限時間は6時間です。

スタート地点には、下は短パン・上はタンクトップ、その上に半袖シャツを着て行きました。
9時に号砲が鳴り響き一斉にスタート。

10キロ地点までは、快調に走れ一時間という好タイム。
路上に多くの応援してくれる方がいたり、水分や食べ物等を配っており凄く力になりました。

20キロ地点に到着、タイムは2時間。
なぜか絶好調で「20キロで2時間か4時間切れるんじゃないか」と思い20キロ地点からスピードをあげましたが足がつりました。

無理して走っていると足が少し痙攣しだすようになったため、その都度路肩によけてストレッチして伸ばしながら走ることに。
その時点では、残り4時間。

残り4時間なら完走する為にスピードを落として確実に完走しよう、そう思いました。
結局のところゴールまで4時間切るのは、あっさり諦めたことになりますね(笑)。

残り20キロは、かなりのスローペースで3時間半かかりました。
最初の20キロが2時間なので最後の20キロは1.75倍の時間が……。
それでも無事に制限時間6時間以内の5時間半で高知龍馬マラソン42・195キロを完走出来ました。

完走出来た時最高の気分でした。きつかったですが、又走りたいと思います。

管理人一言

五時間半での完走とのこと。
途中20キロ地点で、調子に乗ってペースを上げてしまったのはもったいなかったですね。

やはりフルマラソンは後半に向け余力を残していかないと、何かと身体が思うように動かなくなってしまうことが多いです。

体験談を書いてくださった方も、ペースを上げたら脚がつり始めてしまい思うように走れなくなってしまった様子。

それでも完走出来たのは素晴らしいです。
ぜひ今度はしっかり練習を積んで4時間台目指してフルマラソンに挑戦していただきたいですね!

 - マラソン, 体験談